バイトと税金についての話
バイトと税金についての話

私はバイトの収入が103万円以下でも、税金を掛けるべきだと思います

56歳 男性

私はバイトの収入が103万円以下でも、税金を掛けるべきだと思います。
現在の法律では、バイト収入から必要経費などの給与所得控除をした額が103万円以内ならば、無税である事を知っています。
しかし、国民の誰もが税負担をするのは当たり前です。
ならば、税率を変えた上で、誰もが所得に対して税金を納めるべきだと思うのです。

時に、バイト収入の多くは、パートなどの職によって得られるのではないでしょうか。となると、ただ単にバイトで得られる収入の他にも、世帯として得られる収入も考慮する必要が在ります。世帯収入を考えると、収入額が低いが故に、アルバイトで得た収入に税金を掛ける必要がないと考えるのは、間違ったモノになってしまいます。
そこで、バイト等で得た収入がいくらであっても、得た収入に見合った税金を支払うとしておけば、問題は解決されます。税金の支払い方は、サラリーマンの様に天引きにしておけば、確定申告等の煩わしい手間が省けます。
少額であっても納税する事で、税金の使い方に関心を持つきっかけになるのではないでしょうか。

Copyright 2017 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.