バイトと税金についての話
バイトと税金についての話

バイトだと、税金は払わなくても良いと思っている人がほとんどです

57歳 男性

バイトだと、税金は払わなくても良いと思っている人がほとんどです。

なぜ税金を払わなくても良いと思うのでしょうか。バイトをしている人は、一週間とか二週間とか、あるいは一日とか短期だからです。
一年も二年も長期に渡って働く人が少ないからです。
年間でも10万円未満とか、バイトで生活を支える人は少ないでしょう。

しかしアルバイトでも、住民税を払う必要があると決められています。ただ多くの方が、そのことを知らないからです。
短期で働いているので気が付いていないのです。
短期で働いている場合や、日払いでもらっている以上は税金がひかれません。
アルバイトでも、年間で130万円の収入があれば、税金を払うと決められています。毎月バイト代から税金を引かれていると嘆いている人もいれば、全然ひかれていない人もいます。月々の月収が多いと、ひかれることになります。夏休みや冬休みなど、長期の期間にフルにバイトをすると、月収が多くなりますので、税金の対象になってしまいます。
そうしないためには、バイト収入を日払い、週払いにする事により、税金を払う必要がありません。バイトをする人にとっては、税金は大きな負担です。
考えてバイトをする必要があります。

Copyright 2017 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.