バイトと税金についての話
バイトと税金についての話

バイトと税金と言えば、親の扶養から外れるということについてです

32歳 男性

バイトと税金と言えば、親の扶養から外れるということについてです。

以前、学生だった頃、家の家賃や生活費で、どうしてもアルバイトをしなければなりませんでした。
当時のバイトは警備員で、日給8000〜12000円でした。
週4くらいは働いていて、手取り12〜13万円でした。
当時は全くしらなかったので、このペースで1年間働いてしまいました。
結果は、所得が103万を超え、親の扶養から外れることになりました。
結果、健康保険等が発生して、余計にお金が掛かることになりました。
翌年は扶養を外れて、正直金銭的にとてもきつかったです。

私のケースでは、私が税金に無関心だった事が最大の原因です。
小さい会社だったので、そこまで収入に関しては言われてなかったのですが、はっきり僕が聞き流していました。
今でも思いますが、今でこそ社会人となり扶養を外れてあたりまえですが、当時の私からしたら、学生で扶養を外れることは本当につらかったです。

自分の子供の為にも、私の失敗を繰り返さないようにきちんと教えておくのもそうですが、日本の税金に関してもなんとかしてもらいたいものです。

Copyright 2017 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.