バイトと税金についての話
バイトと税金についての話

アルバイトの税金は年間所得が103万円以上になると

38歳 女性

アルバイトの税金は年間所得が103万円以上になると、所得税の課税対象になって、超過分が課税対象になってしまい、フリーターは親の扶養家族から外れてしまうようです。

扶養から外れると、所得税・住民税・健康保険料など親の税金が増えるようです。
扶養家族がいると、税金の負担が軽くなることが分かります。家庭持ちの人も、妻や子供がいると適用されるので、その分税金がお得だと思います。
サラリーマンの妻や勤労学生でも同じようです。
103万円の壁は厚いようです。
計算が面倒で大変ですが、こういうことは知っておいた方がいいでしょう。社会保険料や生命保険料などを払うと、年収から引かれるので税金も安くなるようです。
生命保険料は医療保険がいいです。
しかも掛け持ちすると、税金が多くかかるようです。
収入が多いということなので、当然でしょう。
確定申告すると、多く源泉徴収されていたら還付されるので、可能性があるなら計算して還付してもらうとお得です。
年末調整もいいですが、確定申告の方が適正な所得税額にできるようです。
アルバイトする時は、ここに注意した方がいいです。

Copyright 2017 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.