バイトと税金についての話
バイトと税金についての話

私も学生時代、アルバイトに励みました

38歳 女性

私も学生時代、アルバイトに励みました。

アルバイトといっても年間所得が103万円以上になったら、所得税の課税対象になります。親の扶養からも外れないといけないので、注意です。
103万円以上とはいっても、110万とか120万とかの所得なら、税金はそれほどの金額にはならないのですが、扶養からはずれるということは、結構な金額が親にかかってくるということです。
なので、バイトする時も、かなりの金額を稼ぐなら別ですが、扶養から外れないようにした方が得な場合もあるので、金額を気にしながらしないと損します。
私も主婦をしながらアルバイトをしたことがありますが、主人の扶養に入っていた方が得なので、103万円以内で収まるように働いていました。
私は、少しでも稼ぎたいと思っていたのですが、税金のことを調べた時に、扶養のことも知ったので、得をすることができました。

働き先も、会社に都合よく働きに来てくれるアルバイトを探しておられたので、103万円を超えるアルバイト代を稼げても、103万円をほんの少しUPするぐらいだったと思うので、税金のことを調べて本当に良かったと思いました。

Copyright 2017 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.