バイトと税金についての話
バイトと税金についての話

学生の頃から現在まで

51歳 女性

学生の頃から現在まで、色々アルバイトをしていますが、税金というものをあまり意識したことがありません。
それは短期のバイトが多かったせいもあり、月に10万円を超えることがあまりなかったかもしれません。今は主婦ですが、会社も考慮して扶養控除内に抑えるような働き方をさせてもらっています。
しかし、実際、いくら以上の収入で、所得税や住民税が課せられるのかよく分かっていないのが現状です。

今、次女が専門学校に通うかたわら、土日のアルバイトを結婚式場でやっています。派遣会社からの仕事という形なのですが、毎月もらう給与明細を見たら、どの月も所得税が10%引かれていて驚きました。
給与が4万円程度でもきっちり引かれているのです。
さらに求職手数料だの互助会費用だの引かれて、実質時給はかなり低いことになっていて「これっておかしいんじゃないの?」と気になっています。
とりあえず、明細はちゃんと取っておいて、年末調整したら税金分は返ってくるはずだと話していますが、詳しいことは分かりません。払わなくていい税金は払わない方がいいに決まっていますが、本当は、自分はアルバイトではなくて、正社員でもっとがっつり働いて、所得税も年金もちゃんと払いたいと思っています。

おすすめ情報

Copyright 2017 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.