バイトと税金についての話

アルバイトの基礎知識から専門的な知識まで

バイトと税金についての話

バイトと税金の話は、実は密接しています

30歳 男性

バイトと税金の話は、実は密接しています。
アルバイトであっても、税金はかかります。年間の稼ぎが103万円を超えれば、親の扶養から外れることになります。アルバイトをメインの仕事としている人は、年間103万円では、むしろ収入が不足するのではないでしょうか。
私のいとこにあたる人は、大学を卒業する年になります。
しかし、就職先が決まらなかったそうです。
現在、働いているアルバイトを、大学卒業後の仕事とするらしいです。
これから大学を卒業しても、氷河期以上の就職難かもしれません。アルバイトを仕事する人は、増加するのではないでしょうか。そうなれば、税金の話は避けて通れません。
いとこは、現在もちろん、親の扶養に入っていると思います。現在は税金を払っていませんが、国民年金も払うことになれば、負担は増えます。親の元にいる人ではないので、ある程度独立するのではないかと思われます。
働きすぎれば、意図と反して税金はかかるし、扶養から外れるというのは一般的な話になっています。ニートのように働かないというのでは、世間から嫌がられるだろうとは思います。
高校卒業者の人は、バイトに行く割合が高いようです。
バイトであっても、かかる税はあります。代表的に、消費税は老人から子供まで誰にでもかかります。収入が低いバイト生活では、消費税はかなり重要な税金ではないでしょうか。支出が増えるほどかかりますが、収入が少なければ、税金の負担は相対的に増します。

おすすめ情報

Copyright 2017 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.