バイトと税金についての話
バイトと税金についての話

学生の頃はアルバイトをしていましたが

34歳 男性

学生の頃はアルバイトをしていましたが、税金というものに対する意識はありませんでした。

労働をして給料をもらう以上、課税対象になります。
しかし、年間で103万以下であれば控除されるので、税金がかかりません。給与収入が103万円を超えれば、課税対象になり、親の扶養に入っていれば、扶養からはずれてしまいます。
私が学生でバイトしていた頃は、このような内容は知らなかったです。
税金を詳しく知ることになったのは、社会人になってからです。
そして、結婚や子供を持つことで、さらに知識が深まりました。
自分が妻や子供を扶養する立場になり、扶養対象者には収入金額の上限があることを知りました。

私たちには税金を払う義務が有り、税金によって私たちの生活は助けられています。学生のうちにアルバイトをしておくのは、良い社会勉強になります。労働をして給料をもらうということは、社会に貢献していることでもあります。
アルバイトはただお金を稼ぐだけで終わらず、税金の事を知るきっかけになればよいです。

おすすめ情報

Copyright 2017 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.