バイトと税金についての話
バイトと税金についての話

高校生の頃、同級生で飲食店でアルバイトしている女の子がいました

46歳 女性

高校生の頃、同級生で飲食店でアルバイトしている女の子がいました。

高校生のアルバイトで、当時時給が600円前後だったと思いますが、放課後3時間くらい働いて、週3日くらいだと、月に2,3万円は稼いでいたのだと思います。高校生ですから、洋服やレコード(当時はまだCDはありませんでした)を買ったり、美味しいものを食べに行ったり、で使ってしまったのでしょうが、親から小遣いをもらっている私たちから見ると、とても自由に楽しんでいるように見えて羨ましかったものです。

「ところで、税金って、払うの?」と、何も知らない私は、その女の子に尋ねてみたことがありました。
すると、「ううん、この金額なら、払わなくて大丈夫だよ」と答えてくれました。
年収がいくらまでなら、税金がかからないのだ、ということを初めて知りました。

税金を払うということが、大人っぽいと憧れていた私でしたが、今、それが現実のものとなると、それほど良いものとは思えなくなってしまいました。

おすすめ情報

Copyright 2017 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.