バイトと税金についての話
バイトと税金についての話

アルバイトは、丸々給料が自分の物になるとずっと思っていました

40歳 女性

アルバイトは、丸々給料が自分の物になるとずっと思っていました。

しかし、そうではないのです。

以前バイトしていた所で、初めて給料を貰い明細を見ると、所得税なるものが、引かれていました。
しかも、給料に対しての割合が大きいので、おかしいとは思っていましたが、税金の知識もなくて、ある日知人に相談したら「ピンハネ」されているんじゃないの?と言われました。
バイト先に源泉を下さいと言うと、「そんな物はありません」とあっさり拒否されました。
自分で申告するのでと伝えると、いささか困った顔をしたオーナー。結局オーナーはバイトの給料の30%を所得税として皆から、引いていました。

オーナーに「公的機関に相談します」と言ったら、今までの分を返金してくれましたが、こんなオーナーも居るのです。
税金の事を理解していないと、思わぬ所で余計なお金を引かれたりされてしまいます。自分の事ですから、しっかり税の仕組みを知らなければと思った出来事でした。

親の扶養に入っている時は、100万を越えないようにと言われていて、意味が分かりませんでしたが、後で話を聞き納得しました。
バイトだから税金を払わなくても良いと言う考えは間違えていたと、税のことを知り分かりました。

Copyright 2017 バイトと税金についての話 All Rights Reserved.